『un weekend a home(アンウィークエンドアホーム)』京都-完全紹介制?アンティーク家具に囲まれた韓国式のホームカフェ-

un weekend a home 京都 カフェ




un weekend a home(アンウィークエンドアホーム)とは

2021年2月京都・東山エリアにオープンした、完全紹介制のホームカフェ専門店「un weekend a home(アンウィークエンドアホーム)」さん。

トゥンカロン専門店「ノンカロン」や伏見稲荷の人気ベーカリー「ぱんなり」など、数々のヒット店を生み出してきた、韓国人プロデューサー「はぬり」さんが新たに手掛けたお店。

ぱんなり 京都 パン

『ぱんなり。』京都-好みの焼き加減で食パンが食べられる!韓国風の可愛い食パン専門店!-

2020.10.29
ノンカロン 京都 カフェ

『韓国マカロン専門店ノンカロン(noncaron)』京都-屋上の真っ白な空間でトゥンカロンが楽しめる♪おしゃれすぎる韓国風カフェ!-

2020.10.25

公式Instagramのフォロワーでしか行くことができないプレミアム感に加え、世界中からかき集めた100年以上のアンティーク家具に囲まれた上質な空間はすぐに話題を呼び、オープンから間もないですがすでに人気の取りにくい人気店に。

店名通り「おうちで過ごす週末」がコンセプトの素敵すぎるお店。ぜひ京都観光の際は行ってみてほしいです。

お店は東山駅から徒歩約6分。祇園四条駅からも徒歩圏内です。

お店は「コミュニティ祇園ビル」の3階。まさかこんな雑居ビルの一室におしゃれなお店が入っているとは想像もつかないと思います。

ちなみに4階には姉妹店のトゥンカロン専門店「ノンカロン」が入っています。

un weekend a home(アンウィークエンドアホーム)の雰囲気

店内に入ると一気に別世界!

イギリスやオランダなど国籍問わず世界中から集めたアンティーク家具ばかり!

木の温もり溢れる店内は極上の癒し空間…!

中には100年以上ものアンティーク家具もあるそう。ここまで集められるなんてすごいです。

特にこの椅子のフォルムが最高。丸みを帯びた背もたれが可愛いです。

奥には大きなテーブルが設置。数ある家具の中でもひと際存在感があります。

外の自然の光が入ってくるので照明は最低限。優しい灯りでホッと落ち着きます。

どこを見ても画になること間違いなし。店内の隅から隅まで見渡しました。

一角にはお店オリジナルのお皿やカトラリーが販売。

ここのお皿もグラスも全部可愛いです♪シンプルなのでどんな家庭でも合いそう。

ひと通り店内の写真を撮ったところで、ぼくはこちらの丸いテーブル席に着席。

un weekend a home(アンウィークエンドアホーム)のメニュー

メニューは韓国で流行中の「クロッフル(クロワッサンとワッフルを合わせた新スイーツ)」のほか、「ソンカラティラミス」などのスイーツが揃っています。

レジ横には大量のクロッフルが。美味しそうです♪

キウイエイド(650円・左)
ゴールデンキウイエイド(650円・右)

まずはドリンクをオーダー。

料金表には韓国表記で「6.5」と書かれていますが、実際は650円となります。

ソンカラティラミス タルギ(1,200円・左)
ソンカラティラミス プレーン(890円・右)

そしてスイーツは「ソンカラティラミス」をオーダー。

「ソンカラ」とは韓国語で「指」という意味。その名の通り、指のような細い生地が積み重なっています。

un weekend a home 京都 カフェ

アンティーク家具の上で写真を撮ると、何とも美しい写真が撮れますね。

カトラリーはクチポール。お皿もマットな質感で細かいところにもこだわりが感じられます。

細いビスケット生地が4つ重なった進化系ティラミス。初めて見るビジュアルにテンションが上がること間違いなし。

くちどけなめらかなティラミスクリームは甘さ控えめ。ドリンクはフルーティーで甘めのものと合わせるのが良いかも知れません。

クッキーのホロホロとした食感と、ビターなクリームとの相性ばっちり。

素敵な空間でいただくとさらに美味しさが増したように感じました。

un weekend a home(アンウィークエンドアホーム)の予約方法

冒頭で「公式Instagramのフォロワーでしか行くことができない」と書きましたが、フォロワーになるためには、すでにフォロワーになっている方からの紹介が必要。

かなりハードルは高いですが、気になる方は周りの友人にフォロワーがいないか探してみてください。

un weekend a home(アンウィークエンドアホーム)のまとめ

希少性の高い「完全紹介制」の韓国カフェ「un weekend a home(アンウィークエンドアホーム)」さん。

アンティーク家具に囲まれて素敵なティータイムを過ごすことができました♪京都観光にも最適だと思います!

お店情報

  • 店名:un weekend a home(アンウィークエンドアホーム)
  • 住所:京都府京都市東山区松原町272-5 コミュニティ祇園ビル 3F
  • アクセス:東山駅徒歩約6分
  • 営業時間:12:00 ~17:00
  • 定休日:不定休

周辺のこちらのお店もおすすめ

たけふさ 京都 エスニック

『たけふさ』京都-路地裏でこんな本格アジアン料理が頂けるなんて!異国感溢れる隠れ家エスニック料理店!-

2021.01.04
ノンカロン 京都 カフェ

『韓国マカロン専門店ノンカロン(noncaron)』京都-屋上の真っ白な空間でトゥンカロンが楽しめる♪おしゃれすぎる韓国風カフェ!-

2020.10.25
吉祥菓寮 京都 カフェ

『吉祥菓寮 京都伏見稲荷店』京都-きな粉を味わうために誕生した「焦がしきな粉パフェ」が美味しい♪京都観光にぴったりなカフェ!-

2020.09.16




ABOUTこの記事をかいた人

平成生まれの関西グルメブロガー。 大阪を中心に美味しいお店を日々食べ歩いています(‘ω’) 美味しいものを食べている時が生きていて一番シアワセ♪ このシアワセを多くの方に知ってほしくて当ブログを立ち上げました! 休日は梅田キタ・ミナミ・中央区周辺を自転車で5軒~7軒飲食店をはしごすることもしばしば。 ジャンルはかなり幅広いですが、お洒落なカフェや居酒屋に行くことが多いです。 本サイトを通じてみなさんに楽しい食事の時間を過ごしてもらえれば嬉しいです(*´▽`*)