『ぱんなり。』京都-好みの焼き加減で食パンが食べられる!韓国風の可愛い食パン専門店!-

ぱんなり 京都 パン




お店データ


自分で焼いて食べる珍しいスタイル!
玄米をブレンドした食パン専門店!

2020年7月京都・東福寺エリアにオープンした食パン専門店ん「ぱんなり。」さん。

韓国風の可愛い店内で、自分の好みの加減で食パンを焼いて食べることのできるお店です。

Instagramなどでも話題になったお店。早速行ってきました!

店舗の外観

お店は東福寺駅から徒歩約8分。

観光名所などはなく、閑静な場所に佇んでいます。

可愛らしい「ぱんなり。」のロゴが印象的。

店舗の内観

店内は窓が多く、外の自然の光がたっぷりと入って明るい雰囲気。

入り口手前にはカウンター席が設置。

その向かい側に食パンが販売されており、近くに行くと香ばしい香りが辺りを包みます。

奥にはテーブル席が。

白を基調とした店内は天井が高く、開放的で居心地最高♪インテリアもおしゃれです。

ゆったりと食事をしたいならテーブル席がおすすめ!

壁側には2人用の小さなテーブル席が。

このような形の席って珍しいですよね!照明と言い席だけでも十分可愛く思えます(*´∀`*)

メニュー表

メニューはこんな感じ。

食パン専門店なので品揃えもシンプルですね。

そして、一番の人気は「ぱんなりセット」。

  • ノーマル(1350円)…食パン1枚(古代米)、ドリンク一杯、小鉢トッピング4種(選択)
  • スペシャル(1850円)…食パン2枚(古代米・もち麦)、ドリンク一杯、小鉢トッピング8種(全種)

の2種があり、ぼくはスペシャルを注文。

まずはドリンクが到着。

ぼくはほうじ茶ラテ、友人は抹茶ラテをチョイス。

京都らしいテイストがあるのが良いですね♪

ぱんなりセット スペシャル(1850円)

到着した瞬間「可愛いー!」の歓声が!

かごに入った2種の食パンとミニコンロ、そして8種の色とりどりのトッピングがずらり。

この絵柄だけで可愛くて何枚も写真を撮っちゃいました。

古代米は通常のものよりもちょっとだけもっちりしていて美味しい♪

ちなみにパステルカラーのミニコンロもお店独自に作ったとのこと。

こだわりがすごいですね。

そしてここからは自分の好きな焼き加減で食パンを焼いていきます。

自分で焼くのってけっこう珍しいですよね。焼く時間も楽しいです( *・ω・)

火がけっこう強いので弱火でじっくり様子を見ながら焼いてください。

ぼくは1枚目は少し焦げさせてしまいました笑

トッピングは粒あん、マンゴー、いちごジャム、バター、ほうじ茶バター、抹茶バター、漬け物、漬け物タルタルの8種。

まずは漬け物と、漬け物タルタルの2種をきれいにトッピング♪

この漬物タルタルの塩加減がちょうど良くて、食パンの甘味と合います。

2枚目はシンプルに粒あんとバター。

もう王道の組み合わせ。間違いない美味しさです♪

トッピングが余っちゃったので追加の食パンをオーダー。

最後はいちごジャムやマンゴー、抹茶バターなどを塗って虹色に!

こうやって自由にできるのもぱんなりさんならではですね(*´∀`*)

2人で食パン3枚食べてとてもお腹いっぱいに。

最初ちょっと値段的に高いかなー?と思っていたけど、2人で分けて食べたらそうでもないかなと思います!

自分好みの焼き加減で食パンが食べられる珍しいお店「ぱんなり。」さん。

東福寺など徒歩圏内に観光名所があるので、京都観光の際に立ち寄ってみるのもおすすめです♪

ブログランキングに参加しています! ポチってくれたら嬉しいです♪

 食べログ グルメブログランキング




ABOUTこの記事をかいた人

平成生まれの関西グルメブロガー。 大阪を中心に美味しいお店を日々食べ歩いています(‘ω’) 美味しいものを食べている時が生きていて一番シアワセ♪ このシアワセを多くの方に知ってほしくて当ブログを立ち上げました! 休日は梅田キタ・ミナミ・中央区周辺を自転車で5軒~7軒飲食店をはしごすることもしばしば。 ジャンルはかなり幅広いですが、お洒落なカフェや居酒屋に行くことが多いです。 本サイトを通じてみなさんに楽しい食事の時間を過ごしてもらえれば嬉しいです(*´▽`*)