『大衆酒場ヒロタヤ2号』十三-珍しい「快眠メニュー」が揃う!「布団」がテーマの昭和レトロな大衆居酒屋!-

ヒロタヤ2号 十三 居酒屋




お店データ


飲みながら布団で寝られる!?
「布団」がテーマの珍しい居酒屋!

1952年に創業。これまで60年以上もの間、大阪・十三の商店街で親しまれてきた「ヒロタヤふとん店」さんが閉業。

その跡地に2019年12月、「大衆酒場ヒロタヤ2号」さんがオープンしたと聞きつけ、早速行ってきました!

店舗の外観

お店は十三駅西改札口から歩いて約3分。十三フレンドリー商店街の一角に店を構えています。

看板は以前のふとん屋のものをそのまま活用。当時の名残が残っていて歴史を感じますね♪

暖簾にもふとんのイラストが。

こちらのお店は元々ふとん屋だったことにちなんで、「布団・睡眠」に関するメニューやサービスがあるんです!

その横には「餃子と煮込み」と書かれた看板が。

料理は餃子と煮込み料理がイチオシの様子。

店舗の内観

店内は昭和チックな雰囲気で居心地最高!

まあるいちゃぶ台や壁面のポスターが良い味を出しています♪

席はカウンター席が6席、テーブル席が62席。数人での飲み会はもちろん1人でも気軽に入りやすいです♪

そして、お店の一つ目の特徴が「ふとん貸し出しサービス」がある点!

お酒が入ってそのまま横になれる贅沢なサービス。要予約ですが、20分間500円なのでぜひやってみてほしい!

メニュー表

ドリンクはレモンサワーの種類が豊富!

290円~とけっこうお値打ちなのは嬉しい♪

そのほかボトルなどもありました。

お店の二つ目の特徴が「快眠メニュー」がある点!

睡眠の質を高める効果があると言われる「トリプトファン」「GABA」などを含んだ食材を使用した料理で、これも「ふとん」にちなんだ面白いメニューとなっています。

お店の名物「餃子」と「煮込み」などをはじめ、約80種類の料理がラインナップ!

特に餃子は7種類と豊富!

料理の値段もけっこう安めでした♪

突き出しは大きな焼売が一つ。突き出しで焼売が出るのは珍しい。

ヒロタヤ餃子(290円)

まずはお店の名物の一つであるヒロタヤ餃子を注文。

中の餡はジューシー♪薄めの皮はパリパリで病みつきになります。定番の間違いない味!

大衆ジャンクポテサラ(390円)

続いてポテサラ。

中にクリームチーズが入っていてなめらかでクリーミー♪

食感もアクセントになっていました!

エビとトマトと炒り卵のニンニク炒め(480円)

ここで快眠メニュー「エビとトマトと炒り卵のニンニク炒め」を注文。

睡眠に良い「トリプトファン」「GAVA」「グリシン」すべてが入った、食べる者を熟睡に誘う一品。

エビ・トマト・卵の組み合わせは間違いないですよね。全体的に優しくまろやかな味わいで美味しかった~♪

チーズオムレツ(430円)

こちらも快眠メニュー。チーズと卵は「トリプトファン」が豊富です。

チーズが思っていたよりもたくさん入っていてマイルドに仕上がっていました。

黒毛和牛三角バラの煮込み飯(980円)

最後の〆に「黒毛和牛三角バラの煮込み飯」を。

上に乗った卵黄が光り輝いて食欲が湧き出てきますヾ(*´∀`*)ノ

甘辛い肉とごはん、黄身との相性は抜群!こんにゃくの食感も楽しめました♪

どの料理もリーズナブル!「快眠メニュー」という珍しいコンセプトも楽しめました♪

今回は布団レンタルはできませんでしたが、また別の機会に事前予約をしてやってみようと思います!

ふとん屋さんの名残を残した昭和レトロなお店「大衆酒場ヒロタヤ2号」さん。ぜひみなさんも行ってみてください♪

ちなみに2軒目なら、商店街を真っ直ぐ行った先にある立ち飲みフレンチ店「FRE酒(フレッシュ)」がおすすめです!

ブログランキングに参加しています! ポチってくれたら嬉しいです♪

 食べログ グルメブログランキング




ABOUTこの記事をかいた人

平成生まれの関西グルメブロガー。 大阪を中心に美味しいお店を日々食べ歩いています(‘ω’) 美味しいものを食べている時が生きていて一番シアワセ♪ このシアワセを多くの方に知ってほしくて当ブログを立ち上げました! 休日は梅田キタ・ミナミ・中央区周辺を自転車で5軒~7軒飲食店をはしごすることもしばしば。 ジャンルはかなり幅広いですが、お洒落なカフェや居酒屋に行くことが多いです。 本サイトを通じてみなさんに楽しい食事の時間を過ごしてもらえれば嬉しいです(*´▽`*)