『鮨Shizuku』心斎橋-感動する鮨屋に出会いました!素材や調理方法など全工程にこだわりが詰まった素晴らしいお店-

鮨しずく 心斎橋 寿司




お店データ


提供される料理全てに感動!
大阪で一度は行ってみてほしいおすすめの鮨屋!

2016年大阪・心斎橋エリアにオープンした「鮨Shizuku(しずく)」さん。

グルメな友人がみなこぞって訪問している、中々予約で取れない超人気店なんです。

今回運が良いことにお世話になっている方からお誘い頂き、やっと訪問することができました!

これまでに行った鮨屋の中でも間違いなくトップレベル。大阪にいるならぜひ行ってみてほしい名店です。

店舗の外観

お店は長堀橋駅から徒歩約3分、心斎橋駅から徒歩約7分のところにあります。

外からは中の様子は全く見えず、厳かな雰囲気を醸し出していました。

店舗の内観

店内は薄暗くムーディーな雰囲気。

ちょっと暗すぎないかな…?と思っていたら、「では始めさせていただきます」の声で一気に明るさが一段階アップしました!

まるでこれから舞台を見るかのような粋な演出。

高級感もあるんですが自然と緊張することなく、リラックスできました♪

コースは「おまかせコース」(15,000円)と、同コースにお土産が付いた「お土産付きコース」(23,000円)」の2択。

貸し切りは8名から可能。

今回贅沢に貸し切って「おまかせコース」をオーダーしました。

ちなみに19時からと21時からの2部制となっています。

アオリイカ

最初の一貫から衝撃。

600回包丁を入れたというアオイリカ。さらにイカのおぼろと雲丹が間に入っています。

イカってこんなに柔らかかったっけ?と疑うぐらいの食感。

トロの炙り

トロの炙り。

間にタタキが入っています。

通常の鮨屋だと寿司までにいくつか一品ものが出てくると思いますが、しずくさんではいきなり寿司からスタート。

来てくれるお客さんに満足してもらえるようにしているそう。すごいです。

お次は鯛とヒラメ。

真鯛

真鯛の間には昆布〆・塩・カボスが。

甘味と旨味が素晴らしい。

ネタによって赤酢だったり使うシャリを変えているそう。凄すぎます( ゚д゚ )

ヒラメ

明石産のヒラメ。

間にエンガワと押し花が。

見て思わずうっとり(*´∀`*)味だけではなく目で見ても楽しめます♪

こんなに芸術的なお寿司初めて見ました。

赤身の漬け

鮨しずく 心斎橋 寿司

赤酢のシャリで提供。

シャリにいくつかに芯が残っているんですが、聞くとシャリの何割かはあえて残しているそう。

噛んでいくうちに食感が変わって面白いです!

毛ガニ

美しいグラスに入っているのは毛ガニ。

ジュレや雲丹などが入っていて煌びやか♪

混ぜ混ぜしてから頂くともう至福のひと時(*´∀`*)ノ

マルハタ

これが個人的に一番衝撃を受けたマルハタ。

もう旨味がすんごいんです。

噛むたびに旨い旨いと唸りました。

お次は白子。

このビジュアルインパクトありすぎです( ゚д゚ )

白子の白子ソース仕立て

白子の上からはこれまた同じ白子のソース。

蒸した白子を裏ごしして伸ばしたソースでめちゃくちゃクリーミーなんです。

白子×白子のコンボ。すごいです。

サワラ

明石産のサワラは炙りで頂きます。

脂がノリノリ。香ばしい香りも相まって最高な味わい。

日本酒が止まりません!

羅臼のホッケ

こちらも先ほどのマルハタに次いで衝撃の一貫。

ホッケって焼きたり干物にしたりして食べるイメージがありますが、そのまま生で頂くのは初めて。

産地直送だからこそできるんですね。

間に昆布締め・木の芽・松の葉昆布が入っています。

上に乗った山椒の香りがより一層味を引き出していました。

計算し尽くされた一貫。

すごいの一言。語彙力が無くなります笑

車海老

車海老の上には黄身酢おぼろが。

海老はおおぶりでプリップリ♪たまらん旨さ。

シマアジ

シマアジも旨い。

感動はまだまだ続きます。

関サバのミルフィーユ

関サバを4切れ重ねた手間のかかった一貫。

職人の業が光ります。

赤玉帆立の茶わん蒸し

2000個に1個の割合でしか出ないとされる「赤玉帆立」が入った茶わん蒸し。

カニ身もたっぷり。こんな贅沢すぎる茶わん蒸し初めてです。

雲丹イクラごはん

イクラの下には雲丹と海苔の混ぜごはんが。

イクラは本来の味を出すために薄味にしているとのこと。

皮残り無し。これぞ本来のイクラなんだなとしみじみします。

雲丹と海苔の磯の香りが相まって最高の旨さ。

トロたく巻き

ひとまず先ほどの雲丹イクラごはんでコースは終わりなんですが、追加で2品注文させてもらいました!

まずはトロたく。2種の異なるマグロを使用。

間違いない旨さ。

終盤ですがペロリと平らげちゃいました。

海老マヨ巻き

まさかの海老マヨをお寿司屋さんで頂くことになるとは。

この海老マヨ、そのへんのものとは訳が違う。

海老も先ほどの車海老を使用。マヨネーズにもこだわりがあるそう。

これぞ究極の海老マヨ。ここのを食べたらもう他のものは食べられません笑

和歌山産柿

水菓子は和歌山産の柿。

意外にもトロトロではなく、しっかりとしたシャリシャリ食感。

でも甘さは通常のものよりも際立っています。

最後の最後までこだわりが垣間見えました。

いやあ本当に最初から最後まで驚きの連続。

パフォーマンスもすごいし、エンターテインメント性溢れる素晴らしいお店でした!

丹精込めて握られたお寿司はどれも創作性豊かで、食べ進めていてとても楽しかったです(*´∀`*)

これぞまさに食のエンターテインメント。

久々に感動するお店に出会いました。

ちょっとお値段は張るけど、一度は行ってみてほしい大阪の名店です。

ブログランキングに参加しています! ポチってくれたら嬉しいです♪

 食べログ グルメブログランキング




ABOUTこの記事をかいた人

平成生まれの関西グルメブロガー。 大阪を中心に美味しいお店を日々食べ歩いています(‘ω’) 美味しいものを食べている時が生きていて一番シアワセ♪ このシアワセを多くの方に知ってほしくて当ブログを立ち上げました! 休日は梅田キタ・ミナミ・中央区周辺を自転車で5軒~7軒飲食店をはしごすることもしばしば。 ジャンルはかなり幅広いですが、お洒落なカフェや居酒屋に行くことが多いです。 本サイトを通じてみなさんに楽しい食事の時間を過ごしてもらえれば嬉しいです(*´▽`*)