『一十(イチジュウ)』福島-どれも安くてびっくり!コスパの良いおしゃれな焼鳥屋!-

一十 福島 焼鳥




お店データ


たらふく食べて飲んで約4,000円!
コスパ最高の人気の焼鳥店!

大阪・福島は多くの焼鳥の名店が集う、焼鳥激戦区。

その中でもコストパフォーマンスが高くてびっくりしたのが「一十(いちじゅう)」さん。

ぜひ予約してから行ってみてほしいお店です。

店舗の外観

お店はJR福島駅から徒歩約5分。

商店街の一角に店を構えています。

外観はちょっと高級そうな雰囲気が漂います。

店舗の内観

店内はとてもこじんまりとしていて、席はカウンター席10席のみ。

カップルと見られる方が数組来られていて、デートにも良さそう。

こちらのお店の方は同じく福島の名店「あやむ屋」さんから独立。確かな腕前でどれも旨いんです。

メニュー表

ドリンクメニューはシンプル。

日本酒などはお店の方に聞くといくつかピックアップしておすすめしてくれます。

フードメニューの中でも人気はおすすめコース。

おまかせ7串+自家製豆腐のコースで1,500円。

そこにお造り盛り合わせを加えて2,500円とどちらもリーズナブルでびっくり!

 

でも今回はアラカルトで注文。

それでもかなりリーズナブルで驚きました、、

ちなみに焼き鳥は2本からの注文になります。

自家製豆腐

まず一品から自家製豆腐。

これがいきなりのダースホース。

なめらか食感で旨い。塩をつけるとさらに旨さが引き立ちます。

鶏刺し4種盛り(1,200円)

鶏刺し4種盛り。

ささみ、こころ、ずり、肝の4種。

鮮度が良くプリプリ。旨い。

むね さわび(1本200円)

ここから焼き鳥の始まり。

まずはむね。むっちむちで身が引き締まっています。

焼き加減も絶妙です。

ねぎま 塩(1本220円)

次にねぎま。

塩とタレがありましたがぼくは塩を注文。

一口目がかなり大きくてボリューミー。噛むと中から肉汁がジュワっと。最高です。

せせり 塩(1本220円)

一十 福島 焼鳥

ぼくの大好きなせせり。

もうぶりんぶりん。弾力が半端ないです!

個人的にせせりがイチオシ。

皮 塩(1本180円)

皮はパリパリもちもち。

香ばしい香りがたまりません。

つくね 塩(1本200円)

せせりに次いでおすすめするのがつくね。

旨味が半端ないんです。

中は少し半生かな?ふわっふわで噛むと肉汁が溢れ出ます。

レベルの高いつくね。これは注文必至。

背肝 タレ(1本180円)

ネギがどっさり乗った背肝。こちらはタレで。

中はとろ~りとろとろ。旨いです。

焼き鳥丼(680円)

ここから〆に突入。

焼き鳥丼。ごはんが進む進む。

ささみの漬け丼(680円)

最後はささみの漬け丼。

わさびをつけてさっぱりと。

お腹いっぱいだけどスルスル入っちゃいます。

これにてお会計。

たらふく食べて飲んで一人約4,000円。

このクオリティでこの価格はかなりコストパフォーマンスが良いです!

人気店のため予約推奨。ぜひ一度行ってみてほしい。

ブログランキングに参加しています! ポチってくれたら嬉しいです♪

 食べログ グルメブログランキング

一十焼き鳥 / 福島駅新福島駅中之島駅

夜総合点★★★★ 4.3




ABOUTこの記事をかいた人

平成生まれの関西グルメブロガー。 大阪を中心に美味しいお店を日々食べ歩いています(‘ω’) 美味しいものを食べている時が生きていて一番シアワセ♪ このシアワセを多くの方に知ってほしくて当ブログを立ち上げました! 休日は梅田キタ・ミナミ・中央区周辺を自転車で5軒~7軒飲食店をはしごすることもしばしば。 ジャンルはかなり幅広いですが、お洒落なカフェや居酒屋に行くことが多いです。 本サイトを通じてみなさんに楽しい食事の時間を過ごしてもらえれば嬉しいです(*´▽`*)