『夷川餃子 なかじま』京都-芸能人の名前が書かれたグラスがキュート♪レトロな個性派餃子屋さん!-

夷川餃子なかじま 京都 餃子




お店データ


どの芸能人のグラスになるかはお楽しみ!
大衆的で昭和レトロな京都の餃子屋さん!

2019年2月京都・丸太町にオープンした「京都 夷川餃子 なかじま」さん。

雑誌に掲載されているのを見つけ、「なにこの面白いお店!これは行かねば!」と思い立ち、友人と一緒に行ってきました!

店舗の外観

お店は丸太町駅、二条城前駅からそれぞれ歩いて約8分。11時30分から空いているので、昼飲みとして利用しました♪

外観は新店とは思えないほどのレトロさでびっくり。暖簾と言い、周りの古びたコンクリートの壁と言い、昭和レトロな雰囲気が漂っていました。

この雰囲気からしてこれはアタリの店だと確信。早速入店!

店舗の内観

店内も昔ながらの古びた感じで、新店らしさはゼロ!笑

でもこの感じキライじゃない笑

お昼だけどわたしと同じように昼飲みされている方が多く、賑わっていました♪

席は小さなテーブル席が10席。

入口付近と奥に方にカウンター席があり、合計で26席。

メニュー表

こちらで頂く餃子の種類は2種類!

ニンニクが入ったぎょうざディープ、ニンニクなしのぎょうざフレンチ

ディープキスとフレンチキスという洒落が利いた素敵なネーミングヾ(*´∀`*)ノ笑

その名の通り、餃子の皮は「キス」の感触をイメージしているとのこと。

キスの感触の皮ってどんななんだ(゚д゚)めちゃくちゃ気になります。

卓上には「ス(酢)」「シ(醤油)」「ク(黒酢)」「ラ(ラー油)」と書かれた餃子のタレが。

割合は酢4:醤油1:黒酢1。あとの4はどこに行ったんだ。

きゅうりの浅漬け(380円)

まあまずは、瓶ビールで乾杯して浅漬けきゅうりでさっぱりと♪

酢味噌が良~い感じ!

瓶ビールほか色々

そしてこちらのお店の大きな特徴は、提供されるグラス!

ゆうゆ、竹内力、引田天功、剛力彩芽、キダタロー、サンシャイン池崎、蛯原友里など、数々の芸能人の方の名前が記載されているんです!

芸能人はたくさんいますが、「その方の名前を選ぶかー!」とそのチョイスが最高です笑

もやしナムル(380円)

もやしナムルにお供するのは「蛭子能活」さんのグラス。

これもまたビールに合う!

こちらのお店は餃子だけではなくエッグチャーシューや肉味噌炒めなどお酒のアテが多く、昼飲みに最適です♪

ぎょうざフレンチ(5個270円)

夷川餃子なかじま 京都 餃子

ここでメインの餃子が到着!

お昼でしたし、まだまだ飲むので今回はにんにく無しのフレンチを注文しました。

餃子はパッと見小ぶりだけど、ニラなどの具材がたっぷり入っていてボリューミー!

そして皮はパリパリで、中の具とのバランスが良かった♪でもキスの感触はわかりませんでした、、笑

豚汁(200円)

今回はちょい飲みのためここで〆。

豚汁は山椒が少し入っており、それがアクセントになって美味しかった♪これで200円は安い。

お口リセットゼリー(100円)

餃子を食べたあとのお口直しにぴったりなのが、お口リセットゼリー!

爽やかな風味で一気に口の中がリフレッシュしました♪

最後に本日飲んだお酒のグラスを並べてみましたが、荘厳の一言(゚д゚)笑

店員さんに聞くと、その数なんと250種類。センス溢れるチョイスに脱帽です、、

餃子は王道な感じで皆さん大好きな仕上がり♪

店内も新店なのにレトロだし、店員さんも割烹着で独特の世界観が漂って面白い!

芸能人の名前が記載されたグラスもキュートだし、ここは人気が出そうヾ(*´∀`*)ノ

あとから見たら行列ができることもあるほどの人気店になっているみたい。

ぜひ気になった方は行ってみてほしいです♪

ブログランキングに参加しています! ポチってくれたら嬉しいです♪

 食べログ グルメブログランキング




ABOUTこの記事をかいた人

平成生まれの関西グルメブロガー。 大阪を中心に美味しいお店を日々食べ歩いています(‘ω’) 美味しいものを食べている時が生きていて一番シアワセ♪ このシアワセを多くの方に知ってほしくて当ブログを立ち上げました! 休日は梅田キタ・ミナミ・中央区周辺を自転車で5軒~7軒飲食店をはしごすることもしばしば。 ジャンルはかなり幅広いですが、お洒落なカフェや居酒屋に行くことが多いです。 本サイトを通じてみなさんに楽しい食事の時間を過ごしてもらえれば嬉しいです(*´▽`*)