『C.C.ハウスなかしま』梅田-創業から続く名物「カツサンド」が絶品!レトロな雰囲気の素敵なバー-

C.C.ハウス なかしま 梅田 バー




お店データ


 

カツサンドの魅力にハマる!
古くから愛されてきた老舗のレトロなバー

 

昭和47年創業。アットホームな雰囲気のレトロなバー「なかしま」さん。創業当時から変わらない味で今も大人気の「カツサンド」が頂けるということで、はしご酒の〆におじゃましてきました!

お店は東梅田駅から歩いて約5分。細い路地の間にひっそりと店を構えています。

店舗の外観

外観は歴史を感じる佇まい。

店頭には名物カツサンドの写真と共に、説明書きが記載されていました。こういう説明書きがあれば初めて行くお客さんでも気軽に入りやすいですよね。

店舗の内観

店内は薄暗く、古くからあるスナックのような雰囲気。ここだけ時間がゆっくりと流れているかのような感覚になります。

席はカウンター席が10席ほどのみ。渋めのマスターとそのお母さんの親子2人で営まれています。

訪問時はお客さんはお1人様のみで、そのお客さんがマスターと将棋をやられておりました。こういうバーでマスターとする将棋はなかなかオツなものです。

将棋を打つ音さえも良いBGMに聞こえてきて、何とも言えない心地よさが広がります。

店内にはイワナなどの素敵な絵画や、数々のサインが飾られています。

そしてこちらのお店の大きな特徴は、「カナディアン・クラブ・ウイスキー」専門店であること!店名の「C.C.」もここから命名されています。

わたしは全然詳しくなかったのであとから調べると、カナディアン・クラブ・ウイスキーはカナダの最南端、ウォーカーヴィルにて製造されているお酒で、1882年にアメリカへ輸出、1890年代には各地で人気を博すほどになったお酒とのこと。

C.C.6年 ショット(945円)

ライ麦とトウモロコシ、オーク樽が醸し出す香りと、スムーズでバランスのいい味わいがウケて全世界にファンを持つウイスキー。クセが全くなく飲みやすくて、ウイスキー初心者の人でも気軽に飲めること間違いなしだと思います。

そしてこのグラスも芸術品のよう。先代マスターが趣味で描いたイワナの絵がさらに味を出しています。

カツサンド(1620円)

C.C.ハウス なかしま 梅田 バー

そして名物のカツサンドをオーダー。

カツサンドに使用する牛肉はフィレ肉。上質な牛フィレ肉は少しレア目に仕上げていてジューシー。分厚いけれど簡単に歯で噛み切れるほど柔らかい♪

衣は究極まで薄くし、あくまで食感と風味のアクセントになっている程度。表面をサクサクに焼き上げたトーストと牛フィレ肉との相性は言うまでもなく抜群!

比較的赤身の部分が多く、全く脂っこくなくて食べやすいのも嬉しい。

このほかお母さんが作るだし巻きや唐揚げなど魅力的なフードメニューが並んでいますが、まずは初めて来られた方は名物「カツサンド」を食べてほしいです!

 

ブログランキングに参加しています! ポチってくれたら嬉しいです♪

 食べログ グルメブログランキング




ABOUTこの記事をかいた人

平成生まれの関西グルメブロガー。 大阪を中心に美味しいお店を日々食べ歩いています(‘ω’) 美味しいものを食べている時が生きていて一番シアワセ♪ このシアワセを多くの方に知ってほしくて当ブログを立ち上げました! 休日は梅田キタ・ミナミ・中央区周辺を自転車で5軒~7軒飲食店をはしごすることもしばしば。 ジャンルはかなり幅広いですが、お洒落なカフェや居酒屋に行くことが多いです。 本サイトを通じてみなさんに楽しい食事の時間を過ごしてもらえれば嬉しいです(*´▽`*)