『餃子冫(にすい)』心斎橋-完全会員制の立ち飲み餃子!?内装や器などこだわりが詰まった餃子店!-

餃子冫 心斎橋 餃子




お店データ


「会員制の餃子」とは!?
装飾にこだわり抜いた唯一無二の餃子店

グルメな友人にお誘い頂き、連れていってもらった完全会員制の餃子店「餃子冫(にすい)」さん。

2019年5月オープン。昼間は餃子の製造・卸販売、夜は会員制の餃子屋となるお店。

餃子屋さんで会員制のお店があるなんて初耳。期待に胸を膨らませて行ってきました!

お店は心斎橋と本町の間。

大きな商店街の横道を入った、細い路地の奥の奥にひっそりと店を構えています。

かなり隠れ家感があってワクワク♪期待が高まる!

店舗の外観

薄暗い路地の奥へ進むと、「冫(にすい)」と書かれた存在感のある重厚な扉がお目見え。

この扉の向こうで餃子が食べられるなんて想像できないです。

扉の開口はけっこう小さな造りになっていて、少し背の高い方は少しかがまないと入れません。茶室のにじり口を彷彿とさせます。

扉横には店名が書かれた灯りが。

怪しげにぼんやり赤く光る灯りが、より一層ミステリアス感を演出していました。

店舗の内観

店内はかなり薄暗くて、ムーディーな雰囲気!ほどよい緊張感があります。

席はかなり狭く、大体7名ほどしか入れません。

写真ではわかりにくいですが、天井を見上げるとかなり高いことに気づきます。

2階相当分あるんじゃないかな。この空間の使い方はすごいです(゚д゚)

また、同時に驚いたのが「店内の装飾」!

壁紙をよく見ると正方形の和紙が貼られていて、天井も壁も含め店内全体を和紙で覆っています!

あとから調べると和紙職人ハタノワタル氏が手がけたそう。使用した和紙の数なんと6400枚!圧巻です、、

手作業で貼ることで、多少のズレが生まれて自然な風合いを生み出しています。

今月の一品(奈良漬け)

メニューは撮影禁止とのこと。ちなみにメニュー表も和紙でできていました。

まずは月ごとに変わる一品。訪問時は田中長の奈良漬。キュウリ、スイカ、ナス、ウリのウリ科4種盛り合わせ。

生ビール(600円)と共に乾杯♪

そして肝心の冫(にすい)の餃子は、「薄皮餃子(450円)」「生姜餃子(450円」「盛り餃子(550円)」の3種。

薄皮餃子(450円)

薄皮餃子は、表面は皮がパリパリもちもち♪

中の餡はちょっと少なめかな?けっこう軽めな味わいでパクパク食べられて、何個でもいけちゃいそう!

ちなみに器にもこだわりが光っていて、薄皮餃子の皿は日本の現代作家の作品とのこと。

生姜餃子(450円)

お次は生姜餃子。

一口食べると生姜の風味がふわ~っと♪

生姜感はそこまで主張しすぎず丁度いい塩梅です!

生姜餃子に使われた正方形のお皿は、先ほどと同様現在作家さんのもの。一品ごとにお皿も変えていてすごい。

盛り餃子(550円)

餃子冫 心斎橋 餃子

最後に盛り餃子を注文。

盛り餃子は中の餡が約2倍!

これがかなり餡がジューシーで美味しい!ヾ(*´∀`*)ノ一口食べると旨味がジュワッと出てきます♪

そして青色のお皿は伝統工芸「七宝焼き」。綺麗な花のデザインがされています。

餃子は3種ともどれも美味しかった!

そしてびっくりしたのがお値段。会員制餃子だしお値段も相当するのかなと思いきや、450円~と安い!

お酒も数杯のんで、1人当たり約4000円でした。

予約方法

気になる会員になる方法ですが、紹介者の方に紹介してもらい、一度でも餃子冫(にすい)さんに来店すれば誰でも会員になれます。

テイクアウトも会員のみ可能。貸切は6名~最大90分。

非日常の空間で美味しい餃子が食べられる幸せ。また行きたいと思います♪

ブログランキングに参加しています! ポチってくれたら嬉しいです♪

 食べログ グルメブログランキング




ABOUTこの記事をかいた人

平成生まれの関西グルメブロガー。 大阪を中心に美味しいお店を日々食べ歩いています(‘ω’) 美味しいものを食べている時が生きていて一番シアワセ♪ このシアワセを多くの方に知ってほしくて当ブログを立ち上げました! 休日は梅田キタ・ミナミ・中央区周辺を自転車で5軒~7軒飲食店をはしごすることもしばしば。 ジャンルはかなり幅広いですが、お洒落なカフェや居酒屋に行くことが多いです。 本サイトを通じてみなさんに楽しい食事の時間を過ごしてもらえれば嬉しいです(*´▽`*)