『餃子専門 天包』北浜-白菜のシャキシャキ食感がたまらない♪何個でも食べられそうな一口餃子のお店!-

天包 北浜 餃子




お店データ


飽きずに何個でも食べられそう♪
病み付きになる一口餃子のお店!

北浜エリアで飲み歩き1軒目として利用したのが、「餃子専門 天包」さん。

北新地にある人気焼肉店「牛肉専門 ぶんご牛肉店」や、「鉄板焼鳥 くちばし 北新地本店」の系列店!

どちらも行ったことがあるのですが、素材である「牛」と「鶏」にそれぞれこだわっていて美味しかった記憶があります。

そんなお店の系列店のジャンルが「餃子」と聞いてびっくり。

最近餃子にハマっているので嬉しい。早速訪問してきました!

店舗の外観

お店は北浜駅から歩いて約5分。

オフィス街のど真ん中に店を構えています。

ちょっと入り口が小さくてわかりにくいかな。でもこういうところにこそ良いお店はあるんです。

店舗の内観

店内はかなりこじんまりとしていて、L字型のカウンター席10席のみ。

一人か少人数で楽しむのに適している雰囲気ですね!

メニュー表

餃子のメニューは焼き、しそ、海老、水餃子の4種類。

そのほかスピードメニューのメンマやもやしナムル、〆の担々麺などがラインナップ。

フードドリンク共に余計なものがなくシンプルなメニューです。

おつまみメンマ(250円)

まずはおつまみメンマともやしナムルを注文し、餃子が出来上がるのを待ちます。

もやしナムル(250円)

どちらも注文してからすぐに提供されるスピードメニュー。

この2皿だけで軽くビール1杯は飲み干せちゃいそう。

焼き餃子(1人前7個350円)

そしてメインの焼き餃子が到着!

写真は2人前です。

一口サイズの餃子の皮は、焼き目はパリパリ、逆はもちもち食感♪

かなりこぶりで、一口でパクリといけちゃいます。

中の餡は白菜が多いのかな?シャキシャキ食感が残っていて美味しい♪

肉感もたっぷりで良い感じです。

付けるタレは醤油とお酢でも良いんですが、自家製のごまダレもおすすめ。

けっこう甘めなんですが、これが思っていた以上に餃子と合うんです♪

ぜひつけて食べてみてほしいです!

大三元(1280円)

天包 北浜 餃子

お腹がいっぱいだったので餃子3種が盛り付けられた「大三元」を注文!

焼き餃子、しそ餃子、海老餃子の3種がそれぞれ7個ずつ入っている豪華なセット。1人で頂きました笑

海老餃子は間違いない味。

個人的にはさっぱりとした風味のしそ餃子が好みでした♪

水餃子(600円)

最後には水餃子を食べてフィニッシュ!

優しいスープがたっぷり♪皮はもちもちで、焼き餃子などと比べて肉感が強め!

結局餃子4種全てコンプリート!一口サイズなので一人でも軽く平らげることができました♪

メニュー表(ランチ)

そしてランチタイムにも何度か訪問。

ランチメニューは餃子定食、ルーロー飯定食、担々麺の3種のみで全て750円。

餃子定食(750円)

餃子定食の餃子は2人前14個。

白ごはん、中華スープ、梅干し、春雨サラダがセットになって750円はリーズナブル!

ルーロー飯定食(750円)

そしてまた別の日にはルーロー飯定食を注文。

こちらにも餃子1人前7個がセットで付いてきます。

ルーロー飯は独特の甘辛いタレがごはんに染み染み♪

日本人好みの味付けでスイスイ食べ進められました!

昼も夜も行きましたが大満足(*´∀`*)ノ

一口サイズだから何個食べても罪悪感がなく、パクパクいけちゃいました笑

昼はボリュームがあってお腹いっぱいになるけど、夜は餃子のみだとちょっともの足りないかも?

ちょい飲みとして利用するか、〆の担々麺を食べると丁度良い気がします!

職場からも近いし、またここは時々利用させてもらいます!

ブログランキングに参加しています! ポチってくれたら嬉しいです♪

 食べログ グルメブログランキング




ABOUTこの記事をかいた人

平成生まれの関西グルメブロガー。 大阪を中心に美味しいお店を日々食べ歩いています(‘ω’) 美味しいものを食べている時が生きていて一番シアワセ♪ このシアワセを多くの方に知ってほしくて当ブログを立ち上げました! 休日は梅田キタ・ミナミ・中央区周辺を自転車で5軒~7軒飲食店をはしごすることもしばしば。 ジャンルはかなり幅広いですが、お洒落なカフェや居酒屋に行くことが多いです。 本サイトを通じてみなさんに楽しい食事の時間を過ごしてもらえれば嬉しいです(*´▽`*)