『極(キワミ』天満-名物「極リブロース」が絶品!上質な近江牛をリーズナブルに堪能できる焼肉店!-

極 天満 焼肉




お店データ


 

焼き時間数秒!
焼きしゃぶ感覚で頂くリブロースが絶品のお店!

 

2018年5月に天神橋筋商店街の一角にオープンした「極(きわみ)さん」

雑居ビルの2階にひっそり店を構えています。今回はお肉に詳しい友人に教えてもらいましたが、口コミなどの情報が無ければ中々入りにくいかも。

店舗の外観

赤い階段を上がった先に、大きく店名が書かれたお店が現れます。ちょっと高そうな雰囲気(゚д゚)

店舗の内観

店内はまだ新店のためか、けっこうすっきりしていて綺麗!

4人用テーブル席が2卓、2人用テーブル席が6卓ほど。カウンター席も6席ありました。

まずはお肉の前にキムチを注文!そのあとすぐに焼肉メニューへ進んでいきます。

キムチ

最初はあっさりめの定番「牛タン」で!

塩タン(950円 1人前)

こちらのお店の牛タンはブラックペッパーのみが振られていて、塩はあとから自分で付けて頂くスタイル。

日本・フランス・ボリビア・モンゴルの4カ国の塩を自分の好みに合わせて食べ比べができるようになっています!塩専門店の塩ソムリエが極さんのタンに合わせて厳選したとのこと。

日本の石川産の「花の塩」はフレーク状で粗めなので口に食感が残ります。ちょっと普通の塩よりも辛めかな?でも牛タンの旨味・甘味をうまく引き出していて個人的に一番好きな塩でした♪

そのほかの塩も、味はもちろん粗さもそれぞれ違って個性が光っています!調味料でこれだけ変わるのは驚き。

上ロース(1500円)
ロース芯(1800円)

綺麗なサシ!!赤身とのコントラストが素敵♪これは絶対美味しいでしょ。

ロース芯はサーロインにつながる部位でサシが多く、脂の美味しさが一番感じられる部位とのこと。

焼いてみると脂がどんどん出てきて止まらない!

でも全然脂っこくなくて食べやすい!肉は歯で簡単に噛み切れるほど柔かいし、近江牛の旨味が凝縮されていました。

そしてこちらのお店の一番の名物「極 リブロース」を注文!

極 リブロース(1000円)

特大サイズのリブロース1枚をさっと軽く炙っていきます。

その時間数秒!焼きしゃぶ感覚で炙ったあとはすぐにお皿へ戻します。

そして牛肉の上からへシャリ、ネギ、卵黄をライドオン!

シャリは丁度良い一口サイズ。これらを乗せたあとにくるんとお肉を巻いて、豪快にぱくっと一気に頬張ります!!

これがめちゃくちゃうまい!!特大のリブロースの上質な脂とタレ、卵黄が織り合わさって絶妙なハーモニーを奏でる!!

そこに一口サイズのシャリとネギの食感と食べごたえも加わって絶品でした!

注文前は1枚で1000円はちょっと高めかな~・・・と思っていたけど食べてみて納得。食べるまでの演出や食べ方などにこだわっていて楽しいし、何より、初めて食べたこのお肉の味は感動もの!

ここへ来たならこれは絶対に外せない鉄板メニュー!

鶏チャーシュー冷麺 ハーフ(450円)

最後の〆で鶏チャーシュー冷麺のハーフを注文。

このあと飲み屋のはしごをする予定だったのでこれにてお会計。

これほどのハイクオリティな近江牛を堪能したのに一人約5000円ほどとリーズナブル!

ここはこれから流行りそうな予感!また行きたいお店♪

 

ブログランキングに参加しています! ポチってくれたら嬉しいです♪

 食べログ グルメブログランキング




ABOUTこの記事をかいた人

平成生まれの関西グルメブロガー。 大阪を中心に美味しいお店を日々食べ歩いています(‘ω’) 美味しいものを食べている時が生きていて一番シアワセ♪ このシアワセを多くの方に知ってほしくて当ブログを立ち上げました! 休日は梅田キタ・ミナミ・中央区周辺を自転車で5軒~7軒飲食店をはしごすることもしばしば。 ジャンルはかなり幅広いですが、お洒落なカフェや居酒屋に行くことが多いです。 本サイトを通じてみなさんに楽しい食事の時間を過ごしてもらえれば嬉しいです(*´▽`*)